気になるワキガを治療する!誰でも理解出来るミラドライのメリット・デメリット

ミラドライでワキガが治る仕組み

ワキガの治療方法として、話題や注目を集めているミラドライはマイクロウエーブを使用した治療方法です。水分に反応して熱を発生させるマイクロウエーブを照射する事で、ワキガの原因になっている汗や臭いを出しているアポクリン汗腺やエクリン汗腺を破壊する事が出来ます。汗腺の破壊というと痛いそうなイメージや危険なイメージを持つ方も多くいますが、今までの治療方法より安全性が高くなっている事で利用者が増えているんですよ。

ミラドライでのワキガ治療のメリット

ミラドライでワキガを治療するメリットとして肌に傷を付ける事なく症状を改善出来るといった点が挙げられます。メスを使用していた今までの治療方法では、治療跡が残るだけではなくダウンタイムがある事から敬遠している方も意外と多かったんですよ。しかし、ミラドライは切開をしない事でダウンタイムがほとんどなく、ライフスタイルを崩す事なく治療を出来る事や痛みがないといったメリットもあります。また、1回の治療で長期的な効果の維持が出来るので短い期間で何回も治療を受ける手間もかからないんですよ。

ミラドライでのワキガ治療のデメリット

様々なメリットがある反面、デメリットも存在するといった特徴がミラドライにはあります。保険の適用外となっている事から両脇の治療で30万から40万円といった費用が必要になるといった点が挙げられます。肌の弱い方の場合、マイクロウエーブを照射した後に肌が腫れたような感覚や熱っぽさといった違和感が生じる場合もあります。一時的な場合がほとんどとなっていますが、どうしても気になるといった方は診察を受ける事が必要になります。メリットとデメリットをしっかりと比較してミラドライを利用するか決める事が最も大切なポイントとなっているんですよ。

ミラドライは多汗症、わきが治療の一つで、マイクロ(電磁)波を患部に当ててわきがの原因となる汗腺を破壊します。患部を切らないので、傷を作らない治療法として注目されています。