どれがいいの!?脱毛方法のメリットデメリット

低コストでナンバー1!自己処理

数ある脱毛方法の中で、一番低コストに行えるのが自己処理での脱毛です。カミソリやシェーバー、毛抜きなどを使って自分で処理をしていきます。カミソリが一番早くきれいに仕上がりますが、皮膚も削ってしまうため、肌への負担も多いと言われています。シェーバーは肌への負担が少ないですが表面に毛穴が残ってしまうこともあります。毛抜きが一番抜いてから生えてくるまで長い時間がかかりますが、一本一本抜いていくのはなかなか根気のいる作業かもしれませんね。

やっぱり今はエステ脱毛!

エステ脱毛は、エステサロンに通い機会によって毛根を焼く脱毛方法です。昔に比べてエステサロンの数は年々増加傾向にあり、ワキなどの脱毛主要部位はかなり低価格で処理を行えるようになりました。エステ脱毛は自己処理に比べて肌への負担が少なく、仕上がりもツルツルの状態で脱毛が行えます。光で毛根を焼いていくため、焼けた毛根からは毛が生えず、通い続けることで永久脱毛も夢ではありません。その反面、かなり長期間にわたって通うことが必要になるため、即効性を求める方は満足いかないこともあるようです。

医療機関でレーザー脱毛

エステで使用している脱毛機器よりももう少し強い圧力で毛根を焼き、脱毛をしてくれるのがレーザー脱毛です。威力が強いため、認められた医療機関でしか取り扱うことができません。強い光で毛根を焼くため、ゴムでぱちんと弾かれたような痛みがあります。痛みに対して弱い人にはつらいかもしれません。その分即効性はあり一度でかなり綺麗に仕上がるでしょう。威力が高く時間がかからない分、コストも他の二つに比べて少し高めになっています。自分の好みや体質にあった脱毛方法で、綺麗を目指しましょう。

医療脱毛は多くの場所で行っているので、費用や技術面で比較をして一番効率のいい場所を選んで利用できるので便利です。